生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

よもやま話

老後の資金は、いくらあれば大丈夫か?

スポンサーリンク

いま、私は60歳です。

週刊金曜日(8月31日号)という雑誌にこんな表題の記事が載っていました。

「老後の生活資金、いくらあれば大丈夫?
自分で計算してみましょう」

現在の生活費30万円として以下のように計算しています。

*************************************************

期間は、65歳から85歳までの20年間とする。

30万円×12か月×20年=7200万円 !!!

「宝くじに当たらない限り無理」

そんなに投げやりにならないで、と。

国民年金 年間 75万円 夫と妻とで150万円、

20年分で3000万円。

会社員の人は、さらに厚生年金が年間120万円。

これも20年で2400万円。

ここまでで、7200万-3000万 -2400万 = 1800万円

退職金が1000万円として、残りは800万円。

現実的な数字に見えたきた。

と書いてあります。

要するに800万円の貯金と、1000万円の退職金が

あればなんとか働かずに生活していける、と。

*****************************************************

ただ、私としては65歳になって、75歳になっても、

体の動くうちは働いて社会とのつながりもあったほうが、

心と体の健康にもいいと思ってます。

そうすれば、月10万の給料でも年120万、

10年で1200万ですから、貯めるべき金額が減らせます。

***************************************************

60歳で定年して、65歳までの5年間、年金ゼロで

月30万円の収入となる仕事があるのか?

仮に30万円の収入があっても、5年間は貯金できません。

退職金1000万あったとしても、すぐに

初めの5年間で取り崩していく必要が出てこないか?

残り800万が現実的な数字といっても、

このようななかから、貯金なんてできるものでしょうか?

ましてや、1000万円の退職金ある人って、

フツーにいるんでしょうか?

セクハラ疑惑で辞めた財務省事務次官の退職金は5300万と

報道されてましけど・・・・

で、この記事の著者は、

「とても貯められない!」という結果になった人が
安心を得るには、とにかく今すぐ支出を減らすしかありません。

といってます。

**********************************************************

では、今すぐ支出を減らして5年で800万円ためるとすると、

800万÷5年=160万

160万÷12か月=13.3万

月に13.3万円貯金しなければなりません。

仮に、月収30万円としても、13.3万円貯金するって、

尋常ではないほどの切りつめが待っています。

1000万円の退職金がない人は、

1800万円÷5年=360万円

360万円÷12か月=30万円

月収30万円のなかから30万円貯金しなければなりません。

あすからは、カスミを食べて電気もケータイもない生活です。

やっぱり、「宝くじに当たらない限り無理」じゃん!!!!!

*************************************************************

仮に、65歳まで、20年あるよ、

いま45歳だからという方でも

800万÷20年=40万

40万÷12か月=3.3万円

月3.3万円の貯金が必要です。

45歳で、どのくらいの月収かわかりませんが、

私の現実感覚で月3万円の貯金、簡単じゃありません。

45歳と言えば、私の場合だと、

こどもが中学、高校くらいで、いろんなおカネが

出ていく時代でした。

だから、「支出を減らすしか」じゃなく、

収入を増やす道を考えたほうが合理的で

ポジティブだと思いませんか?

今の仕事の休みの日に、アルバイトをするとか、

いまある貯金を投資にまわすとか、

いろんな方法が考えられます。

そんななかで、私はある情報に出会って、

とりあえずなんとかなりそーだ、という気持ちになりました。

そんな情報が気になる方は、

こちらをクリックして情報を受けとってください。

投げやりにならずにすんでます(笑)。

情報を受け取る

スポンサードリンク

-よもやま話