生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

よもやま話

好きなことを仕事にする その4 私の場合 白菜編

2018/09/05

スポンサーリンク

【好きなことを仕事にする】 総論

好きなことを仕事にするというコンセプトの

塾に入っていたことがあります。

そこでは、インターネットで使えるスキルを

いろいろ学びました。

参加者は、女性、それも主婦が主なため、

基本的には旦那さんの給料があっての活動という位置づけでした。

だから、旦那さんがいなくても生活できるような金額、

私が思うに月30万円程度を得ようとするとどうなるか、

考えてみました。

というのは、私は男なので、

病気がちの妻にたよるわけにはいかないので、

月30万円くらいが最初から目標でした。

典型的なふたつのパターンで考えます。

1、品物を販売する(物販)。
趣味で作るアクセサリーをネットで販売する。

2、サービスを販売する。

マッサージ師、カウンセリング、美容師など
広告宣伝はネット利用できるが、サービス提供時は
リアルとなるため、自ずと提供人数は限定的となる。

それだけで生活できるような金額(例えば月30万円)稼げるのか?

***********************************************************************

各論 その4 私の場合 白菜編 (物販)

収穫中の白菜畑

収穫中の白菜畑 2015.1.7

 

2014年当時、住んでいた栃木の家の前にあった白菜畑から

話は始まります。

ここの畑の主が、数千個はあろうかという白菜全部が

やや生育不良となって、売れなくなってしまった、という。

素人目では、どこが悪いのかぜんぜんわからないほどの白菜です。

ただ、農家がいうにはいつもよりちょっと小さいだけです。

もともと農業関係の仕事を長くしていた私は、

規格外の野菜の使い道についてもいろいろ考えはありました。

で、この白菜、全部私の自由にしていいよ、と言われました。

先の塾で学んだインターネットスキルで、

やるだけやってみましょうと言って、facebookやブログで、

その経緯を写真入りで発信しました。

値段は6個入りで送料込み1500円です。

その時のブログはこちらをクリック
白菜ブログ

白菜

白菜 2015.2.27

 

 

白菜なんて見飽きている妻や息子がそんなの売れるわけない、

誰が白菜6個も買うの?と

言ってましたがやってみなけりゃわかりません。

結果、1週間くらいで、50箱くらい、金額にして7万5000円、

白菜の仕入れ代金はタダなので、まる儲けと

思いましたが、送料込みの価格設定なので、

あとからヤマト運輸から請求書がきて、

1個平均1000円×50個=5万円ひかれました。

それでも、2万500円の儲けです。

注文受けて、畑に行って白菜切って、箱詰めして、

送り状書いて、ヤマトに電話してと、けっこうな作業です。

受注御礼メール、入金先案内、入金確認お礼メール、

荷物発送メールと全部ひとりでやります。

お客様からはこんな新鮮な白菜食べたことない、

大好評でした。

今回は、白菜の原価がゼロなので、それでも

2万5000円の儲けです。

畑に肥料やって耕して、種まいて苗植えて、

収穫して発送している農家の手間とおカネを

考えれば農家の仕事の大変さを痛感しました。

種代、肥料代、農薬代、燃料代、箱代その他経費かかってます。

以下同様に、とうもろこし、なす、ぶどう、柿、レタス、ブロッコリ、梨など

いろいろやってみましたが、白菜ほどの爆発力はありません。

というのは、白菜のときは、農家を助けるため

協力します、といった仲間たちも、

何回もやってると、またか、となっていったのです。

特段にすぐれた特徴のない野菜では、わざわざ送料かけてまで

買いません。

仕入れ値もゼロではないので、儲けもそれほどありません。

感覚としてはボランティアか赤字、です。

社会貢献、新鮮な野菜くだものを都会の人に届けて喜んでいただく。

農家としては規格外で売れないか破格値のものが

さばけるといったところです。

自分の経験、スキルアップにはなりましたから

まったく無駄とか、失敗とは思ってません。

量もこの程度なのでけっこう楽しかったし。

よほど、おカネもひまも持て余している人が

慈善事業でやるならOKです。

失業中の私が本業としてやるには、

もっとたくさんの売り上げが必要です。

仮に月30万円得ようとしたら、

原価ゼロの白菜を毎月600箱売らないといけません。

白菜は、栃木では1-3月だけです。

のこり9か月はほかのものを売らなければ

毎日の生活費が出ていく一方です。

 

白菜畑

白菜畑 2015.3.10

 

白菜畑

白菜畑 2015.3.2

*******************************************************************

対策

こうして考えてみると、

好きなことを仕事というか、

商売のネタにして、自分の好きなことで

お客様によろこんでいただき、

それだけで生活するというのは

なかなか大変そうです。

そんななかで、

私はある方に出会い、

自分の好きなことは続けつつ

商売ネタにしてもいいけど、

別の収入源を確保できると確信しました。

ご興味ある方は、

こちらをクリックして、

情報を受け取ってください。

情報を受け取る

白菜畑

白菜畑 2014.12.5

スポンサードリンク

-よもやま話