生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

よもやま話

好きなことを仕事にする その3 私の場合 写真編

スポンサーリンク

【好きなことを仕事にする】 総論

好きなことを仕事にするというコンセプトの

塾に入っていたことがあります。

そこでは、インターネットで使えるスキルを

いろいろ学びました。

参加者は、女性、それも主婦が主なため、

基本的には旦那さんの給料があっての活動という位置づけでした。

だから、旦那さんがいなくても生活できるような金額、

私が思うに月30万円程度を得ようとするとどうなるか、

考えてみました。

というのは、私は男なので、

病気がちの妻にたよるわけにはいかないので、

月30万円くらいが最初から目標でした。

典型的なふたつのパターンで考えます。

1、品物を販売する(物販)。
趣味で作るアクセサリーをネットで販売する。

2、サービスを販売する。

マッサージ師、カウンセリング、美容師など
広告宣伝はネット利用できるが、サービス提供時は
リアルとなるため、自ずと提供人数は限定的となる。

それだけで生活できるような金額(例えば月30万円)稼げるのか?

***********************************************************************

その3 私の場合 写真編 物販とサービス販売

その3 私の場合 写真編

趣味で30年以上やってる写真が売れるかも、

ということでいろいろやってみました。

まず、写真を仕事にするとは、

1、自分で撮った写真を売る、

2、モデルなどの写真を撮ってあげるサービスを売る、

3、写真技術を教えておカネをいただく、

だいたいこんなとこでしょう。

3つともやってみました。

1、自分で撮った写真を売る 物販

ハートの光 屋久島ウィルソン株

ハートの光 屋久島ウィルソン株

 

旅行先や散歩中に撮った写真をポストカードに

して売ってみました。

有名な写真家でもポストカードの値段は100円~150円程度です。

試しに200円でやってみました。

売れましたよ。

いつものメンバーが集まる場所でバザーの催しがあったので

出品してみた。1日で30枚くらい売れたかな。

顔見知りのメンバーの友情購入だけど嬉しかったよ。

でも、この催しは年に1回しかないの。

つぎは、友達の紹介で、友達の友達に説明して

10枚くらい売れたかな。

当時、栃木に住んでたので東京まで3000円の電車賃と

往復3時間かかった。

紹介してくれた友達にお昼ご飯おごって、

自分の分もいれて5000円くらいの出費だった。

ほかにも、やはりバザーによばれて、

5月ころだったと思うけど、

1日中、友達と店番しながら売りました。

中には、私の作風が気に入ってくれて

20枚ほど大人買いしてくれる人もいたよ。

この日も、東京だったので電車賃3000円と丸1日という

時間かかりました。

自分のお昼代はどこでもかかるけど、

いつも会えない友達と東京で食べると

1000円以上はしましたね。

吉野家ってわけにはいきません。

友達は女性だったし。

 

キナバル山

キナバル山

2、モデルなどの写真を撮ってあげるサービス サービス販売

私の場合、自然の中で花や生き物撮るのは大好きです。

でも、頼まれたのは友達が本業でネットで販売している紙コップ。

撮っててぜんぜん面白くないの。

1万円もらったけど・・・・

写真渡すと、質感が出ていないとか、アップでとか、

いろんな注文がついて撮り直して、延べで2日くらいかかったかな。

3、写真技術を教えておカネいただく サービス販売

これも東京の新宿御苑などでやってみたの。

お客様は、先の塾にはいっている女性の仲間ふたり。

びっくりしたのが、カメラ買ったばかりで箱のまま持ってきて

電池の入れ方から教えました。

先方も、塾仲間の私が先生なので気楽なもんです。

東京までの電車賃3000円とほぼ1日という時間。

お昼代1000円。

教え賃、おひとり様3000円の計6000円。

写真は好きだけどコンテストに応募したこともないので

受賞実績とかも何もない私がそれほど高額の授業料を

初めからいただくわけにはいきません。

キャノンやニコンの室内授業でも無料や3000円程度から

プロの先生が教えてますから。

いっぺんにたくさんの人に教えられるかというと

カメラの機種が違ったりするので、

ひとりでの対応ではいいとこ4人程度までです。

こういうのも、何十回と繰り返して、

1000人に教えました!とかいいたいとこですが、

当時、失業中だったので

こんなことばっかやってては、赤字ばっかりです。

 

ヤクシカ

ヤクシカ @屋久島

小まとめ

あれもこれも失敗、ではありません。

経験です。何も失敗ではないでしょう。

継続できなかっただけです。

赤字垂れ流しながら継続し続ければ

今頃、好きな写真を商売にして生活できたかもしれません。

売れないタレントが売れるまでカツカツの生活するように。

というわけで、それなりの実績を

積むには相当の時間とおカネもかかると痛感しました。

*******************************************************************

対策

こうして考えてみると、

好きなことを仕事というか、

商売のネタにして、自分の好きなことで

お客様によろこんでいただき、

それだけで生活するというのは

なかなか大変そうです。

そんななかで、

私はある方に出会い、

自分の好きなことは続けつつ

商売ネタにしてもいいけど、

別の収入源を確保できると確信しました。

ご興味ある方は、

こちらをクリックして、

情報を受け取ってください。

情報を受け取る

スポンサードリンク

-よもやま話