生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

カメラの話

おすすめのコンデジの価格が暴騰してます FUJI FINEPIX F900EXR 9.9万円、F1000EXR 13万円、

スポンサーリンク

おすすめのコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)FUJI FINEPIX F900EXRの価格が暴騰

2017.1.15 Amazon

 

 

私が、おすすめしているコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の

値段が暴騰しています

FUJI FINEPIX F900EXRの値段が9万9800円、

後継ですがほぼ同じ機種のF1000EXRは13万3059円、

どちらも税込み価格です。

 

F1000EXR シャンパンゴールド↓↓↓

F1000EXR

中古では、

F900EXRが15,000円~、

F1000EXRが26,380円~となっています。
F1000EXRは、F900EXRの後継機種です。

F900EXRの発売が2013年3月

F1000EXRの発売が2014年2月と

1年たたずに、投入されたわけです。

F1000EXRは、発売当時の2014年2月頃には、

1万円以下で売ってたので、

私も何人かにおすすめして、

実際に購入した人も何人かいました。

現在、2機種とも、製造中止となっており、

フジフィルムも、後継機種は作らないと、

明言しています。

なので、いまあるのは中古だけ、とずっと

思っていました。

が、この2,3日、Amazonみたら、

10万円なんてとんでもない値段がついています。

F900EXR と F1000EXRの違い

ただ、この2機種の違いはほとんどありません。

FUJI FINEPIX F900EXRにはなくて

FUJI FINEPIX F1000EXRにはある機能は以下の3点で、

私自身、現在FUJI FINEPIX F1000EXRを使っていますが、

ほとんど使わない機能です。

1、Wi-Fiでのリモート操作、離れたところからシャッター押せるなど

2、動画撮影時のAFや手ぶれ補正の強化

3、フラッシュ有無の写真を1回で撮影できること

2については自動的に使っているかも。
ということで、

中古なら15,000円~である、F900EXRを買うのが

現時点でのベターな選択だと判断します。

おもとめはこちら
FUJIFILM デジタルカメラ F900EXR B ブラック 1/2型1600万画素CMOSIIセンサー 光学20倍ズーム F FX-F900EXR B

FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ F1000EXR ブラック F FX-F1000EXR B

 

暴騰の理由

製造中止となっているため、だけではないでしょう。

これだけの値段がつくというのは、

それだけの価値があるということか。
どこに、そんな価値があるのか、
細かい数値は別に調べてありますので、

以下は

F1000EXRをいつも使っている者としての実感です。

 

 

 

調べた結果はこちらです。
おすすめのコンデジは、FUJI FINEPIX F900EXRです、露出補正画面比較 2016年11月

ピント合わせが速い

0.05秒で発売当時世界最速(2機種とも)

2年以上たつのに、他のメーカーも追いついてない、ようです。

小型、軽量

重さはF1000EXRが230g、F900EXRはなぜか、232gです。

大きさも、男性ならワイシャツの胸ポケットに入るくらいです。

女性なら、ハンドバッグに「楽に」入るくらいです。

他のメーカーのも調べましたが、この大きさのものになると、

値段が新品で5万円以上したりします。

超望遠からマクロまで

野鳥や遠くの山をしょっちゅう撮るので、重宝しています。

月だって、撮れますよ。

実際の撮影例を以下に示します。

F900EXRで撮影した月↓↓↓ 三脚なし、手撮りです。 撮影データ不明。 2015.2.7

今朝の月 2015.2.7

今朝の月 2015.2.7

 

月 1/300秒、F5.3、ISO 400 、露出補正:-1、 F1000EXR  ↓↓↓ 2016.12.19

 

 

志賀高原からの北アルプス    1/1400秒、F5.3 ISO100 露出補正:ー2/3 F1000EXR  ↓↓↓ 2016.12.25

 

 

ヤマガラ 14cm スズメ大 1/120秒、F5.3 ISO320、露出補正+2  F1000EXR ↓↓↓   2016.12.25

 

ダイサギ 90cm 1/900秒、F5.3、ISO100、露出補正 -2/3  F1000EXR ↓↓↓   2016.12.18

露出補正のときに、画面が狭くならない

野鳥撮影では、鳥が止まる場所により、

空バックなら、プラス補正、

緑のバックならマイナス補正(特に白いサギなど)と

露出補正を私は頻繁に行います。

 

F1000EXRの画面、露出補正のゲージは下に小さく出るため、画面は狭くならない↓↓↓

FUJI F1000EXRの画面 狭くならない

 

キャノン IXY60 DIGITALの画面、露出補正のゲージが左側に出るため画面が狭くなる↓↓↓

IXY60 DIGITALの画面

キャノン IXY60 DIGITALの画面 狭くなる

他のメーカの新機種を調べてみたところ、

非常に多くの機種で、露出補正画面にすると、

右側や左側、下側にゲージが出て画面が狭くなり、

構図を考えるときに非常にじゃまになります。

F900EXRもF1000EXRも画面が狭くならず、

下に小さく出るだけなので、構図を決めるときに、

じゃまになりません。

露出補正ボタンの操作がしやすい

露出補正のボタンの操作性も抜群で、

親指一本で

ブッシュ式でもダイヤル式でも、できます。

F1000EXRの露出補正ボタン MENUOKの上の+/-を押す、またはまわりのギザギザをまわす。↓↓↓

F1000EXRの操作ボタン

F1000EXRの操作ボタン

 

色の出方がいいように思う

さすが、フィルムメーカーだけあって、

フィルムシミュレーションという機能があり、

ポジ(スライド用)フィルムで使っていた

ベルビア、プロビアなどに合わせることができます。

これは他のカメラメーカーにはできない芸当です。

特に、自然の写真を撮ることが多い私には、

緑色の出方が気に入っています。

一眼レフでは、キヤノンの60Dを使っていますが、

同じ緑が出ません。

LAW現像して、いじれば可能かもしれませんが、

そこまでは、やってません。

おもとめはこちら
FUJIFILM デジタルカメラ F900EXR B ブラック 1/2型1600万画素CMOSIIセンサー 光学20倍ズーム F FX-F900EXR B

FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ F1000EXR ブラック F FX-F1000EXR B

 

まとめ

FUJI FINEPIX F900EXRの値段が新品では10万円近くしている。

中古なら2万円以下です。

F900EXRとF1000EXRとでは、ほとんど変わりません。

F900EXR(F1000EXRも)の特徴:

ピント合わせが速い、

超望遠からマクロまで、

小型・軽量、露出補正しやすい画面とボタン、

色の出がいい(フィルムシミュレーション)

スポンサードリンク

-カメラの話
-, , ,