生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

信州の自然

志賀高原トレッキング 幕岩コース 行ってきました 2018.5.17(木)

2018/06/29

スポンサーリンク

幕岩コース概要

志賀高原観光協会のパンフ
志賀高原トレッキングマップには
以下のように書いてあります。

全長 3.5Km
標高差 約160m
サンバレー⇒石の湯 45分

サンバレーから石の湯にいたる角間川沿い、
自然の変化にとんだ幕岩渓谷が、
工事を終え復旧しました。
柱状に割けた岩ひだが圧巻の大岩壁(幕岩)を
ご覧ください。
新緑、豊かな植生、紅葉と
一年を通して
楽しめます。

2018年6月25日現在、通行止め!!

2018年6月25日に、再訪したら、土砂崩れのため、

通行止めとなっていました。

当分の間、利用できそうにありません。 ↓↓↓

幕岩コース閉鎖 2018.6.25

幕岩コース閉鎖 2018.6.25

 

サンバレー出発 855

時計台は、855だった。

サンバレー温泉街

サンバレー温泉街

9時前に、
サンバレーバス停を出発する。

その前に、グリーンというレストランの横に

峠の三十三観音コースのスタート地点が

あった。

今日ここを通らなければ

ぜんぜん気づきませんでした。

三十三観音コーススタート説明

三十三観音コーススタート説明

 

ホテル街の一番奥、

ホテル志賀サンバレーの前を

通り過ぎて、いよいよコースに

入っていきます。

幕岩コース入口

幕岩コース入口、
ホテル志賀サンバレー前

 

幕岩コース入口道標

幕岩コース入口道標

 

麓の湯田中では、

すでに木々の葉っぱずいぶん伸びて

緑の色も濃くなっています。

幕岩遊歩道

幕岩遊歩道

 

が、ここ志賀高原では、まだ淡い緑のままで

これからの雰囲気です。

なので、野鳥も見やすいのです。

オオルリ出た!!

案の定、サンバレーから入った幕岩渓谷では、

オオルリの声が谷を響き渡ります。

 

幕岩渓谷

幕岩渓谷

 

15分程度あるいたところで、

谷に突き出た枝を

見たらオオルリがいるではありませんか。

しばし、美声を楽しみ、撮影してみる。

オオルリ、幕岩渓谷

オオルリ、幕岩渓谷

 

オオルリ、幕岩渓谷

オオルリ、幕岩渓谷

 

途中からは、針葉樹もあらわれ、

少し暗い森となり、

いかにもミソサザイの好きそうな

雰囲気です。

コメツガの林

コメツガの林

 

幕岩到着 923

そこから、10分ほど登ると、

出てきました「幕岩」です。

幕岩全体像

幕岩全体像

 

幕岩

幕岩

 

幕岩

幕岩

 

 

志賀高原ができたのは

20万年前だと、どこかに書いてあったが、

まさに、そのころから、

この岩は、存在していたのだろーか?

岩石のことはよくわかりませんが、

どっしりとした大きな質感と

柱状節理のような文様が

迫力でせまってきます。

 

 

渓谷の間にはミソサザイの声が

響きます。

足元には、湿った地面に

小さいツボスミレ(ニョイスミレ)が

咲いています。

タチツボスミレも負けてません。

ツボスミレ(ニョイスミレ)、幕岩

ツボスミレ(ニョイスミレ)、幕岩

 

タチツボスミレ、幕岩

タチツボスミレ、幕岩

 

幕岩前の流れ

幕岩前の流れ

 

幕岩渓谷上流

幕岩渓谷上流

 

 

 

石の湯到着 945

川沿いを歩いて、

シラカンバの新緑が見えてきたら

石の湯です。

ここは、日本最高のゲンジボタルの産地です。

サンバレーから約50分で到着しました。

ここから、15分で

木戸池に着きました。

緑の帯は、シラカンバの新緑。 ↓↓↓

その上の、ダケカンバの新緑は、まだ、です。

シラカンバの新緑、坊寺山

シラカンバの新緑、坊寺山

 

石の湯ロッジ

石の湯ロッジ

 

石の湯、ゲンジボタル生息地

石の湯、ゲンジボタル生息地

 

 

木戸池到着 1000

木戸池周辺では、

ダケカンバは、まだ葉っぱが出ておらず、

緑の葉っぱが出たばかりなのは、

ほとんどシラカンバです。

この時期に来ると、

葉っぱの出方でシラカンバと

ダケカンバの区別がよくわかります。

木戸池発10:18のバスで渋峠に向かって

群馬県の友人とランチです。

 

シラカンバの新緑

シラカンバの新緑

 

木戸池

木戸池

 

コースタイム実績

サンバレー 855
石の湯   945
木戸池   1000

だいたい、志賀高原観光協会の
トレッキングマップどおりの
コースタイムでした。

バス
湯田中 740 ⇒805 サンバレー

 

番外 琵琶池周辺散歩

幕岩渓谷に入る前、

時間あったので琵琶池周遊道路を

少しだけあるいてみる。

琵琶池で出会った花や小鳥

コゴミ ↓↓↓

コゴミ(クサソテツ)

コゴミ(クサソテツ)

 

ミツバオウレン ↓↓↓

ミツバオウレン、琵琶池

ミツバオウレン、琵琶池

 

ムラサキヤシオツツジ ↓↓↓

ムラサキヤシオツツジ

ムラサキヤシオツツジ

 

ツマトリソウ ↓↓↓

ツマトリソウ、琵琶池

ツマトリソウ、琵琶池

 

新緑の琵琶池 ↓↓↓

琵琶池

琵琶池

 

 

コゴミ、ミツバオウレン、ツマトリソウ、
タチツボスミレ、
ムラサキヤシオツツジがきれいです。

特に、花びらの先がピンクのツマトリソウは
珍しい、ようです。

キビタキの声が盛んにしますが、
姿を見たのは一度きり。

とても写真どころじゃありません。

声だけを、お楽しみください。

センダイムシクイも鳴いてます。
焼酎一杯グイーと聞こえる声です。

金属性の鳴き声はキビタキです。

 

まとめ

幕岩コースは、サンバレーから石の湯、木戸池まで

約1時間です。標高差約160m、距離 3.5Km。

渓谷沿いの静かなトレッキングが楽しめます。

琵琶池周辺はキビタキが盛んに鳴いてました。

早春の花々も楽しめます。 2018年5月17日

スポンサードリンク

-信州の自然
-, , , ,