生き物写真館

栃木県小山市で朝の散歩中や長野県・海外などで出会った生き物を中心とした写真館です。 野鳥、昆虫、花、などの写真を撮影情報とともにお伝えします。 撮影テクニックやカメラについても書いてます。

よもやま話

最低自給が10月からアップする 全国平均で26円だけど・・・

スポンサーリンク

全国平均で26円のアップ 最低自給

最低時給がアップするというニュースが2018年8月10日に、
流れましたね。

全国平均 26円増、で874円。

私の住んでいる長野県を含む13県で800円超えとなった。

これで、800円超えは28県となった、そうです。

長野県は現行795円から821円となり、

26円アップで全国平均並みです。

今年の10月から、変更になります。

全国平均の874円で、8時間22日間働いて、月収153,472円

そこから、所得税、住民税などひかれます。

12か月で年収184万円。

一番高い東京都で985円、

仮に時給1000円としても、月収176,000円、年収211万円。

これで東京で暮らしていけるのでしょうか?

日本国憲法に謳われている「最低限度の文化的生活」できますか?

月収17万円台だと家賃や住宅ローン、クルマ関連費用が

なくて一人暮らしならなんとかやっていけるかもしれませんね。

誰が、どうやって、この最低自給を決めているのか

よくは、知りませんが、決めている人たちは

きっともっとたくさん給料もらっている人のような気がします。

国会議員の給料調べてみた

ちなみに国会議員の給料(歳費)は年額約2200万円、それにプラスして

文書通信費月100万円(領収書不要)、JRキップなどあわせると、

全部で年額4200万円くらい、だそうです。

こういう金品をもらっている二世議員などが庶民の生活実感なんて、

わからないでしょうね。

アメリカは1700万円、イギリスは970万円で、

日本の国会議員は、世界最高レベルのようです。

まあ、こんなこと怒っていてもしょうがないので、

私たちも対策しようではありませんか。

気になる方は、こちらをクリックしてね。

僕の出会った人生を変える唯一無二の方法

スポンサードリンク

-よもやま話